インプラント

歯を失った方に再びかむ喜びを取り戻していただきたい

歯を失った方に再びかむ喜びを取り戻していただきたい

虫歯や歯周病で歯を失ったとき、これまではブリッジや入れ歯による治療しか選択肢がありませんでした。しかし、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、そこにセラミック製の歯を被せる「インプラント」は、天然歯に近い強度と審美性、そして快適なかみ心地を実現します。

当院では患者さまがインプラント治療に不安を感じないよう充分な設備を整え、さらに10年、20年と長持ちさせるために患者さまへの説明や検査をしっかりと行っています。無料相談にも対応しておりますので、お気軽にお声がけください。

安心安全な3つの理由

安心して治療をお受けいただけるよう、必要な設備を整備しています

当院ではシミュレーターを用い、インプラントをどこに、どのように打つのかを流れでご覧いただきながら、しっかりとご説明する時間を設けています。また、お口の中全体を立体的に撮影することができるCTも導入。骨の太さや神経の位置を把握できるので、インプラント治療時のリスクを下げられます。

当院にはインプラント専用のオペ室もあり、必要な器具はそこに揃っていますし、オペに適した衛生的な環境となっているので大きな病院に行かなくても専門的な治療を受けることが可能です。
このように設備と空間をしっかりと整えて、説明から治療まで行います。

麻酔医による処置で痛みを軽減しています

インプラントの治療をする際には、専門の麻酔医が、局所麻酔、静脈内鎮静法などの麻酔処置を行います。

静脈内鎮静法は、静脈に点滴をして鎮静薬を注入する方法です。時間が経つと薬が効いてきて眠たくなり、寝てしまうときもあります。そのため、患者さまはほとんど痛みを感じることなく、気づいたらオペが終わっていたということもあります。

インプラントを長持ちさせるための説明・検査を行っています

インプラントは一度つけたらずっとよい状態が保たれるというものではありません。長く快適な状態を保つためには、定期的に歯科医院に通院し、メンテナンスを受ける必要があります。当院では、患者さまへの検査や説明をしっかりと行い、メンテナンスや定期検診の必要性をしっかりとご説明。ご納得いただいたうえで治療に入るようにしています。
治療後のメンテナンスについては、インプラント専用の機材を取り揃えており、 専門的な治療をご提供することが可能です。

また、口内環境がよくない場合もインプラントには適しません。歯周病がある、噛み合わせが悪いなどのトラブルをお持ちの患者さまは、インプラントの持ちが悪いのでお勧めしていません。患者さまに長くインプラントを使っていただけるまずはお口の環境を整える治療から始めるケースもあります。

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

当院で行っている一般的なインプラント治療の流れをご紹介します。

1無料カウンセリング

カウンセリングから手術・アフターメンテナンスまでの流れをご説明します。歯を欠損した場合、インプラント以外にもブリッジ・入れ歯といった方法があるため、患者さまのお口の状態を多角的に診断したうえで、最適な治療法をご提案いたします。

2模型診断と治療計画

無料カウンセリングにてインプラント治療をご希望された場合、まずはどのような形態の人工歯を入れることができるか、あらかじめ模型上で想定するため、口腔内の型取りを行います。さらにCT撮影を行い、レントゲンだけでは判断が難しい神経や上顎洞の位置など、インプラントを安全に埋め込むための必要な情報を正確に測定、これらの情報を収集したうえで最適な治療計画をご提案します。

3診査結果のご説明

診査結果をもとに、患者さまに治療方針・計画・費用についてくわしくご説明いたします。ご不明な点や不安がある際は、どのようなことでも結構ですので、お気軽にご質問ください。

4治療(必要な場合)

インプラントを長持ちさせるためには、歯周病や虫歯がある場合、インプラント治療を開始する前にこれらの治療を先に行う必要があります。治療だけでなく定期的な通院によって正しいブラッシング方法もご説明しますので、お口の中の状態をきれいに保ちましょう。

5術式についてのご説明

手術前には術式や治療計画についてご説明、患者さまに充分なご理解をいただいたうえで手術へと進みます。また、当院では手術の際、全身麻酔ではなく静脈内鎮静法を導入しております。患者さまにより安定した状態で手術を受けていただくためにも、麻酔医による全身状態のチェックやカウンセリングも受けていただきます。

61次手術

1次手術(1時間~1時間半)にて、顎の骨の中にインプラントを埋め込みます。手術後は顎の骨にインプラントが定着するまで、2~6か月の治癒期間を設けています。その間は仮歯を入れるため、日常生活に支障はありません。

72次手術(1時間~1時間半)

2次手術(1時間~1時間半)では人工歯を取り付けるため、インプラントを埋め込んだ箇所の歯茎を切開します。切開した傷口が治癒するまでに1~2週間かかります。

8上部装置の製作・装着

インプラントに装着するための人工歯の作製を行います。患者さまがご希望される色味や歯並びディスカッションしたうえで、よりご納得いただける上部装置を作製することをお約束いたします。

9定期メンテナンス

インプラントであってもご自身の歯であっても、毎日楽しく快適にお食事していただくには日々のお手入れが欠かせません。当院では歯科衛生士がクリーニングやブラッシング指導を行っております。

インプラント治療の長所と短所

インプラント治療の長所と短所

インプラントには他よりも優れている点も多くありますが、欠点もあります。インプラント治療を受けられる前に、これらをよく理解しておきましょう。

インプラント治療の長所

  • 固定式なので安定性がよい
  • 天然歯と同様に食物をかみ砕ける
  • ブリッジと異なり周辺の歯を削らずに治療が可能
  • 周囲の歯に負担がかからないため、残っている天然歯の寿命を延ばすことができる
  • 審美性が高い

インプラント治療の短所

  • インプラントを植立する手術が必要
  • 保険適用外である
  • ごくまれにアレルギーが起こる
  • 症状や疾患によっては治療が出来ないことがある
  • インプラントを維持するためには定期的な手入れと検診が必要
  • 固いものを噛みすぎたり、喫煙者などはインプラントを支えている骨が壊れる可能性も

入れ歯との違い

入れ歯との違い

インプラント、ブリッジ、入れ歯には、それぞれに長所と短所があります。インプラントはかむ力・審美性に優れる一方で、外科的治療が必要となり、保険が適用とならないため費用も治療期間もかかります。一方ブリッジや入れ歯は外科的治療が不要で、保険適用のため費用も治療期間も少なく済みます。しかし見た目やかむ力はインプラントには及びませんし、違和感や異物感が生じることも少なくありません。

「入れ歯にすべきか、インプラントにすべきか」で悩む方もいらっしゃると思います。当院ではそれぞれの長所・短所をしっかりとご説明し、患者さまのお口の状態・ご要望に合ったご提案をさせていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご予約・お問合せは
お気軽に

港南台にお住いの方で歯周病治療・インプラント治療のことでお困りでしたらご相談ください。

pageTop